看護師による患者の性処理についての生々しい話

看護師のための出会い系アプリ

出会いのハッピーメール
看護師のための出会いアプリ「ハッピーメール」
無料
posted with アプリーチ
レビューはこちら。
彼氏が欲しい!出会いがなかった看護師の私が彼氏を作った方法


こんにちは。看護師のユウです。今日も看護師にとって気になる話題をお届けます。

今日は「看護師による患者の性処理についての生々しい話」についてです。

絶対に損はさせませんので、最後までお読みください。それではさっそく紹介していきましょう。

男性患者さんの性処理

病気や怪我の治療が通院で治せる状態でないほど重い症状の場合には、入院しての治療ということになりますが、患者さんが男性の場合、入院期間が長期にわたるものになると、性処理はどうするのかということが課題になってきます。

単純に治療の進行状況から見れば、健康体に戻りつつある兆候として喜ばしいものかもしれませんが、男性患者さんが抱える、そうした問題について、解消するための具体的な対応となるとどうすればいいのか、はっきりとしたガイドラインは示されていません。

多くの場合、男性患者さんがひとりでひそやかに処理しているものと思います。

性処理のための手助けは職務内容には含まれていなかった気がしますし、男性患者さん側からも頼みにくいのでは、と思います。

でももしかすると、そこまでのサービスを提供することができるようになっている病院もあるかもしれないですね。

あるいは、どうしても我慢できなければ、個室であれば、見舞い客を装わせた風俗産業のデリバリーを依頼されることもあるかもしれないです。

男性看護師による性処理

看護師のほとんどは女性なので、もし男性患者さんの性処理までしなければならないように義務付けられたりするとほとんとが嫌で抵抗感があるでしょうし、かなりの精神的な負担になると思います。

通常の治療の業務でさえ人手が足りなくて多忙を極めているのに、それに加えて性処理までとなると、新たに介護業務が増えて、それに乗っかった身勝手なケアの拡大解釈といったイメージさえ湧いてきます。

現場の人手が足りないせいか最近は男性看護師も増えてきました。

力仕事が必要なときには大いに活躍してくれて助けられているようですが、どうしても対処できないほど悪質だったり、しつこかったりした場合には、彼らに頼むというのもひとつの方法かもしれません。

女性では恥ずかしさがあったり、わからないことがあったりしてダイレクトに対応できないことでも、同性ですから分かり合える部分もあるでしょうし、何らかの気を紛らわせる方法など、具体的な解決策を考えて患者さんに提示できるのでは、と期待できます。

ただ、その男性患者さんが同性愛者だった場合は、男性看護師に危険が及ぶかもしれないですね。

看護師による性処理をする病院

これまでおもに長期に入院することによって我慢できなくなると考えられる、男性患者さんの性処理についての話をしてきましたが、ちょっと応用編を書いてみます。

その病院は、長期入院が前提でなく患者さんが前提でもなく、来院した一般男性に対して看護師あるいはスタッフが性処理をしています。

通常ならそうした業務は嫌なことで抵抗感があるでしょうし、精神的な負担になりそうですが、ここでは通常業務です。

なぜ性処理が確立しているのかというと、そこは同じ病院でも病気や怪我の治療を目的とはしていない産婦人科の病院だったのです。

産婦人科では出産だけでなく、不妊治療もすでに立派に業務のひとつになっています。

この場合は、妊娠するために体外受精をすることになり、パートナーの精子が必要なので、性処理をしていることになります。

献血の採血のように、いわば採精しているのです。

具体的には、男性が個室に入って興奮する素材を見て、精子を出したシャーレを担当している人に提出します。

ここでは発散の性処理でなく不可欠な義務になっていますが、そうした施設の併設あるいはコラボをすることがこの課題解決の糸口、あるいは営業的には利益を上げる新しいサービスのヒントになるかもしれませんね。

看護師のための出会い系アプリ

出会いのハッピーメール
看護師のための出会いアプリ「ハッピーメール」
無料
posted with アプリーチ
レビューはこちら。
彼氏が欲しい!出会いがなかった看護師の私が彼氏を作った方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする