看護師は気が強いというのは本当か

看護師のための出会い系アプリ

出会いのハッピーメール
看護師のための出会いアプリ「ハッピーメール」
無料
posted with アプリーチ
レビューはこちら。
彼氏が欲しい!出会いがなかった看護師の私が彼氏を作った方法


こんにちは。看護師のユウです。今日も看護師にとって気になる話題をお届けます。

今日は「看護師は気が強いというのは本当か」についてです。

絶対に損はさせませんので、最後までお読みください。それではさっそく紹介していきましょう。

白衣の天使というイメージの先行

看護師というと多くの人が抱くイメージが「白衣の天使」です。

ナイチンゲールが活躍した時代からその献身的な看護の姿勢を指してそう表現されていますが、その言葉の印象から看護師は誰もがにこやかでふわふわした優しげな印象があるのではないかと考えます。

そうした幻想が先行してしまうことから、実際に接する看護師とのギャップが余計に「気が強い」と受け取られやすいのがネックです。

もちろん患者に笑顔で接して温かな手で癒しを与えたい、そう思ってお仕事をしている看護師は少なくないでしょう。

ですが、優しいだけで務まる生半可な職業ではありません。

ときには患者に厳しく接しなければならない場面もありますし、注意をしたり叱らなければならないこともあるでしょう。

もちろん、仕事から離れたら一人のただの女性です。

看護師だから優しいわけでも。

何もかもを包み込んでくれるような男性が望む天使のような女性というわけではないのです。

優しいはずだという先行イメージからちょっと外れると気が強さと指摘されることが多く、男性から「実際に接してみたら看護師は気が強い人ばかりだった!」なんて思われてしまいがちになります。

女性としては不本意です。

責任の重い仕事だからこその厳しさ

看護の仕事は人の命を預かっている仕事です。

自分の行動一つ一つが命に関わることであり、間違いが決して許されるものではありません。

人間ですから多少のミスを犯してしまうことは仕方がない、そう簡単に片付けることができない職業ですから、勤務時間中は常に神経を張り巡らせて緊張感を持ち仕事にあたっています。

笑顔の中にも真剣で厳しい目線や言葉が多いことで、気の強さを窺わせるのでしょう。

気の強さというのは職場環境から来る一種の職業病であるともいうことができます。

正確には気が強いというよりも、何が起こるかわからない状況でテキパキと対応していくその姿勢や、的確な状況把握をして有無を言わさずに実行するその強さなど、判断力がありしっかりとしている人が多いと言い換えたほうが近いかもしれません。

緊張感が高まってくると口から出てくる言葉遣いもきつくなってしまうことが多いでしょうから、それが気が強いと思われてしまいがちなのです。

プライベートではついこうした態度が表に出てしまわないように気をつけておきたいところです。

仕事にプライドを持っている

看護師の多くがその仕事にプライドを持ってこなしています。

自分がしっかりとしていなければ患者の健康と安全を守ることもできません。

逆に考えてみてください。

プライドもなく気も弱い看護師に看護してもらいたい患者なんていないでしょう。

何かあったらどうしようどうしようと動揺するばかりで判断できず、何もかも患者の言いなりになってしまう、医師に叱られたら落ち込んで何も手がつかなくなってしまう、そんな看護師は仕事ができません。

看護師はある程度気が強くなければやっていけない職業ですし、気が弱い人は向いていないのです。

ただ、この気の強さは仕事に対する責任感の表れでもあります。

プライドがあるからこそきちんとこなしていきたい、そう考えているのです。

仕事を真面目に取り組む女性の姿はカッコいいですし、そんなところに惹かれる男性も少なくないでしょう。

看護師の気の強さや芯の強さはとても魅力的です。

他の職業の女性に負けないアピールポイントになります。

看護師のための出会い系アプリ

出会いのハッピーメール
看護師のための出会いアプリ「ハッピーメール」
無料
posted with アプリーチ
レビューはこちら。
彼氏が欲しい!出会いがなかった看護師の私が彼氏を作った方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする