看護師にとって出会いが多い診療科・病棟とは

看護師のための出会い系アプリ

出会いのハッピーメール
看護師のための出会いアプリ「ハッピーメール」
無料
posted with アプリーチ
レビューはこちら。
彼氏が欲しい!出会いがなかった看護師の私が彼氏を作った方法


こんにちは。看護師のユウです。今日も看護師にとって気になる話題をお届けます。

今日は「看護師にとって出会いが多い診療科・病棟とは」についてです。

絶対に損はさせませんので、最後までお読みください。それではさっそく紹介していきましょう。

整形外科の出会いについて

看護師として出会いが多く恋愛に発展しやすい診療科として有名なのが、整形外科です。

整形外科に入院する人は比較的若い人が多い事が特徴で、冬のスノーボードシーズンなどスポーツを積極的に行われる季節には患者さんが増えます。

多くの人が、骨折などの怪我であるために身体は弱っていても心は元気である場合がほとんどと言えます。

手術が終われば気持ち的にも余裕があり、看護師をよく見ている人が多いです。

手術直後に関わってくれた看護師は白衣の天使に見える事もあると言えます。

手術直後に関わってくれた看護師にアプローチする方が多く、出会いは多くあると言えます。

看護師に見て欲しくて看護師の前でリハビリを頑張る患者もいるほどです。

患者との恋愛を求めて整形外科で働く看護師も多くいるのでどちらにとっても出会いやすい環境と言えます。

整形外科に勤務中に出会いを見つけている人も多いのが特徴で、直接男性と会話やサポートをする事での出会いのキッカケが多いです。

内科の出会いについて

内科も出会う可能性が高い診療科と言えます。

内科は多くの人が利用する事が多く、高齢者以外で内科に入院される場合の疾患で多いのが肺炎や下痢、嘔吐といった呼吸器や消化器の症状です。

若い人も多く訪れる為に、出会いのチャンスは多くあると言えます。

辛い時に側で看病してくれていた看護師に好意を抱く人が多く、症状が落ち着けば退院までは心も体も元気であるため、この機会にと連絡先を渡したりする方が多くいる傾向があります。

普段忙しくて大変な仕事である看護師には大きな出会いのチャンスと言えます。

看護師としては、多くの男性にアプローチされる事になりますが、注意点もあります。

内科に入院する方は繰り返し入院される方が多く、病気の内容によっても異なりますが、どちらかというと病弱である傾向にある為に看護師側から連絡先を渡されてもお断りしているという人も多いです。

出会いと考えると多くの人が利用する内科は看護師にとっても良い環境と言えます。

神経内科の出会いについて

あまり馴染みのない診療科である神経内科ですが、出会いの多い診療科として有名です。

普段生活していて利用する人は少ないと思いますが、神経内科に入院される方は大抵が神経難病であることが多いのですが、それ以外にも入院される事例として、検査入院が多いのです。

基本的に検査入院の場合は、検査であるために心も体も元気な人が多いと言えます。

入院中に連絡先を渡されるという方が多く、神経内科の疾患は、女性がかかる確率が非常に高い疾患ですが、入院中に優しくしてくれた男性看護師さんに好意を抱く女性が多いというのが特徴と言えます。

男性患者も多いので、女性看護師の出会いもあると言えます。

男性看護師、女性看護師どちらも出会いのきっかけになる診療科と言えます。

高齢者の方が利用するだけではない神経内科は、生活していると馴染みが無く、利用する事も少ないと思いますが、若い人が検査入院をする場合には、出会いのチャンスと言えます。

?

看護師のための出会い系アプリ

出会いのハッピーメール
看護師のための出会いアプリ「ハッピーメール」
無料
posted with アプリーチ
レビューはこちら。
彼氏が欲しい!出会いがなかった看護師の私が彼氏を作った方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする