看護事務は意外と出会いが少ない!おすすめの出会い方

看護師のための出会い系アプリ

出会いのハッピーメール
看護師のための出会いアプリ「ハッピーメール」
無料
posted with アプリーチ
レビューはこちら。
彼氏が欲しい!出会いがなかった看護師の私が彼氏を作った方法


こんにちは。看護師のユウです。今日も看護師にとって気になる話題をお届けます。

今日は「看護事務は意外と出会いが少ない!おすすめの出会い方」についてです。

絶対に損はさせませんので、最後までお読みください。それではさっそく紹介していきましょう。

すでに出会っている場合

病院や養護施設の看護師といえば大多数が女性であるのが普通なので、男性看護師はまだまだ珍しく、マイノリティ的な立場にあるようです。

そんな彼らがどこで好きな人と出会っているのか、考えてみました。

看護師になってからは周りに多くの女性がいますし、患者さんの中には女性も多くいるでしょうから、単純な人数比率からすれば、より取り見取りです。

ただし、病人のお世話や介護をするように職務内容で決められている職場ですから、仕事が最優先であり、職務をおろそかにするのは本末転倒です。

単純な肉体労働だけでなく、周囲の人たちに気を使ったり気を配ることも求められます。

その場で彼女を作ることができるような雰囲気ではなく、時間や環境が整っているわけでもないでしょう。

仕事に慣れてきたりして、中には人当たりがよく、要領よく立ち回れる人もいるようですが、大半は仕事が大事と思っているはずです。

そうなると、看護師になってから探すよりも看護師になる前から知り合っていた人を彼女にしたり、学生時代の頃からつきあっていて続けていく人も多いのでは、と思えます。

男同士のつながりの強さ

女性看護師との比率がどれくらいなのかは、はっきりとはわかりませんが、男性保育士さんと同じ様に、男性看護師はまだまだ少なく希少な存在です。

そうした現状であれば、あえて口に出すことはなくても、内心では同性の仲間をほしがっても不思議ではないでしょう。

職場では力仕事を任せられるという部分で頼りになると思えますし。

職員同士の団結やチームワークは必要不可欠なものと、本人たちも認識しているはずです。

職場での立ち位置を見つけられれば安心できるでしょうし、大なり小なり仕事への協力もできていくと思います。

しかし、込み入った人間関係や空気を読む部分については微力かもしれません。

そうしたときに同性の保育士さんからアドバイスをもらったりすることができれば、リラックスできるのではないかとも思います。

そしてつながりができれば世界が広がりますので、彼女を作りたくなった場合でも、力になったり、力になってもらえることがあるのではと思います。

異性ではなく男性同士であれば、たぶん異性よりも本音でストレートに話しやすいということが予想できます。

予測不可能な人の心と「ご縁」

現場では基本的にタブー視される恋愛ですが、いつどこでどんなことがきっかけで人の気持ちが動くかということは、簡単には推し量れないものです。

自分が長い時間を過ごす場所に一緒に人がいれば、自分のことがわかってもらえると同時に、その人たちの性格や癖がわかってきます。

生活も仕事も基本は繰り返しですが、昨日とは違う何かが起きることによって、昨日とはまったく別の気持ちや心理状態になることもあるでしょう。

予測は不可能です。

ですので職場も意外と侮れません。

職場のメンバーだけでなく、関連部署や出入りしている人たちとも接点があるので、何度も会って声を掛け合っているうちに本人たちしか知らない共通の話題で盛り上がって、いい関係になることもありえます。

それ以外で出会えたとすればプライベートの自由な時間を使った行動ということになります。

彼女がほしいという願望がそのまま行動に結びついたことによる成果であり、同窓会とか友人の紹介とか婚活サークルや出会い系サイトもまた、そうした「ご縁」の成せる技と言えそうです。

看護師のための出会い系アプリ

出会いのハッピーメール
看護師のための出会いアプリ「ハッピーメール」
無料
posted with アプリーチ
レビューはこちら。
彼氏が欲しい!出会いがなかった看護師の私が彼氏を作った方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする