シンママ看護師が出会うには

看護師のための出会い系アプリ

出会いのハッピーメール
看護師のための出会いアプリ「ハッピーメール」
無料
posted with アプリーチ
レビューはこちら。
彼氏が欲しい!出会いがなかった看護師の私が彼氏を作った方法


こんにちは。看護師のユウです。今日も看護師にとって気になる話題をお届けます。

今日は「シンママ看護師が出会うには」についてです。

絶対に損はさせませんので、最後までお読みください。それではさっそく紹介していきましょう。

シングルの寂しさ

シンママは、今年から看護師に職場復帰することに決まっているのです。

シンちゃんが三歳になって幼稚園に入れるようになったから、と言うのが表向きの理由うだけれども、旦那が家に寄り付かない、という状況が仕事への復帰に拍車をかけてくれたのです。

ずっと、いつ復帰しようか、と考えていた事なので、行こうと思いついた時がチャンスなのだろうとおもいます。

不安は沢山あったけれども、一先ず、幼稚園の入園手続きを済ませて、以前の職場に復帰できるかを尋ねてみました。

勤務先は、個人経営のクリニックだから、働いている人同士も気心の知れている人たちばかりです。

しかも、先輩には既に成人した子供さんも居られたので、子育ての極意も教えてもらえるかもしれない、と気持ちは明るいのです。

シンママは、朝九時にしんちゃんを幼稚園へ送り、そのまま幼稚園の隣にあるクリニックに勤める、ということに決まったのです。

幼稚園の隣なのだから、何かと便利であります。

もし、しんちゃんが熱を出しても、勤務中に迎えに行くことができるだろうとおもわれます。

ドクター翔

翔は開業して五年目の内科医です。

父親の後を継いで、クリニックを維持するために、なんとか医大を卒業して、此処までこぎつけたのです。

そして、父の紹介する相手と結婚し、めでたく一男を授かったけれども、去年、妻は去って行った。

どのようにして去ったのかは、深追いしないでおくことに決めた。

自分は捨てられて、他の男と出て行った女の子とを責め立てても仕方がないのです。

こちらが得することは一つもないのだろうと思われます。

翔は、幼稚園へ子供を送り届けてから、クリニックへ向かう日々を送っているのです。

幼稚園から帰れば、両親が子供の世話を手伝ってくれるのです。

両親は、翔がクリニックを継いでいれば、何も言わない様子でありました。

子育てをしながらの開業医、も何とかやればなるものだ、とやっとこの頃になって、翔は自分を肯定できるようになってきました。

子供も、幼稚園での話を聴いてみると、明るい返事が返ってきます。

お芋ほりに行った話や、ミカン狩りの話が子供の口から零れてくるようになりました。

出会いの場所

シンママが幼稚園へお迎えへ行くのは、午後七時前になった頃です。

既に預かり時間ぎりぎりである七時頃になれば、幼稚園は閑散としており、いつ行っても、しんちゃんは最後の一人か、二人といった残っている子供として預かられていました。

シンママは、迎えに行くたびに、胸があつくなる思いでした。

クリニックの隣にある幼稚園ですから、つい、ぎりぎりの時間に迎えにいってしまうのです。

待っているだろう、しんちゃんは、文句を一つも言わずにシンママを迎えてくれます。

これでは、迎えに行ったというよりも、迎えられたというかたちの方が正しいかもしれません。

シンママの心を明るく照らしてくれる、しんちゃんは素晴らしい子供だ、とシンママは嬉しく思いました。

そんなところへ、最後の一人を迎えに来られる男性に毎日合うようになりました。

昨日は初めて名刺交換を行ったのですが、なんと、独身のドクターだと言うではありませんか。

お互いに簡単に自己紹介をした時に、シンママは思わず頬が赤くなっていくのを感じました。

運命は、とても近い所にありそうです。

看護師のための出会い系アプリ

出会いのハッピーメール
看護師のための出会いアプリ「ハッピーメール」
無料
posted with アプリーチ
レビューはこちら。
彼氏が欲しい!出会いがなかった看護師の私が彼氏を作った方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする