男性経験がない看護師が彼氏を作るために心がけること

看護師のための出会い系アプリ

出会いのハッピーメール
看護師のための出会いアプリ「ハッピーメール」
無料
posted with アプリーチ
レビューはこちら。
彼氏が欲しい!出会いがなかった看護師の私が彼氏を作った方法


こんにちは。看護師のユウです。今日も看護師にとって気になる話題をお届けます。

今日は「男性経験がない看護師が彼氏を作るために心がけること」についてです。

絶対に損はさせませんので、最後までお読みください。それではさっそく紹介していきましょう。

休みを取れる環境づくり

仕事柄、看護師さんというものは休みが少ないのに、彼氏となかなか会えなくなる遠距離であれば、なおさら会う時間の確保が難しくなります。

彼氏の休日が土日など決まった曜日であれば、そこに合わせたいところですが、勤務先である病院でも休みたい人が多いかもしれません。

その場合には、彼氏に平日に有給休暇をとってもらう、という方法があります。

看護師さんの出勤については、あらかじめ組んであるシフトに従っているわけですが、突発的に人が足りなくなるのは日常茶飯事ではないにしても、早出残業や休日出勤が起こりやすいです。

そうしたイレギュラーが多いのであれば、それを逆手に取るという方法もあります。

つまり彼氏と会うことを休日の過ごし方の最優先事項として考え、休みやすくしておくことです。

ほかの看護師さんの都合で頼まれた早出残業や休日出勤については快く嫌がらずに率先して引き受けておきます。

引き受けたそのかわりに、彼氏と会う日の出勤を頼むのです。

この場合が駄目でも普段から彼氏と会う日だけは絶対に休みたいことを明言しておくのです。

保険として日ごろから何人かの仕事を引き受けておくことによって、自分がその日は出勤しないですむような二重三重の安全対策、職場での休みやすい環境を作っておくことです。

会いに行くためのテクニック

彼氏の住んでいる場所が遠くて離れていると、目的地まで移動するためには避けられない手続きや出費や時間がかかります。

チケット購入などの手続きについては、出勤の途中や退勤後の途中や休憩時間のときに立ち寄ってあらかじめ購入しておくことで煩雑さを防げます。

今ならインターネットで予約というのもできるようになっています。

テレビのコマーシャルでも見かけるようになったので、システムとしても安定してきたのでしょう。

利用することで運賃は少し安くなるので、出費はどうしてもかかってしまいますが経済的に助かります。

たどり着くまでの移動時間はほとんど変えられないとすれば、あとは考え方です。

せっかくの休日も、まる一日使っても生き帰りの移動で時間を削られるのであれば、その日に削られないようにするのです。

つまり休日をフルに使えるように、退勤後その日のうちに移動して現地に前日入りしておくのです。

彼氏の家に直行してもいいかもしれませんが、まだ不適切な場合には、ビジネスホテルで一泊。

ホテルが取れなかったり、リーズナブルにすますならネットカフェを使う方法もあります。

退勤時間が遅く、路線が合えば移動自体が宿泊になる深夜バスや寝台列車を使うのもありです。

会うためのもうひとつの考え方

大きく分けて、彼氏の仕事が事務職ならば、突発的な残業や休日出勤の確率はかなり低いと思われます。

ですので、そこに看護師さん側が合わせるほうが良いと思います。

逆に現場作業的な、人手のかかる仕事内容であるならば、極端な例になると、高い割合でイレギュラーが起こりやすいと考えられます。

微妙な場合は職種的に融通が利いて休日が固定できやすいのはどちらか、ということを照らし合わせて、そちらを優先的にしてスケジュールを組んでみるといいでしょう。

看護師さん側が会いたい気持ちが強くて会いに行くことが多いと思いますが、こちらから向こうへ行くことに手続きや出費や時間でロスや負担が大きく感じられる場合は、彼氏にこちらに来てもらうこともひとつの方法です。

早めに退社しての前日入りができなくても、安全運転が前提ですがレンタカーあるいは自家用車など自力で長距離を移動してもらうなど、少しワイルドな選択もできます。

看護師さん側でこれができないこともないのですが、これを看護師さん側がしてしまうと、危険度が高いですし、疲れて消耗しますので精神的体力的に心配です。

彼氏の男性としてのたくましさを考慮しつつ、リクエストしてみてもいいかもしれません。

看護師のための出会い系アプリ

出会いのハッピーメール
看護師のための出会いアプリ「ハッピーメール」
無料
posted with アプリーチ
レビューはこちら。
彼氏が欲しい!出会いがなかった看護師の私が彼氏を作った方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする