看護師と患者との恋愛は意外に多い

看護師のための出会い系アプリ

出会いのハッピーメール
看護師のための出会いアプリ「ハッピーメール」
無料
posted with アプリーチ
レビューはこちら。
彼氏が欲しい!出会いがなかった看護師の私が彼氏を作った方法


こんにちは。看護師のユウです。今日も看護師にとって気になる話題をお届けます。

今日は「看護師と患者との恋愛は意外に多い」についてです。

絶対に損はさせませんので、最後までお読みください。それではさっそく紹介していきましょう。

患者と看護師の間は恋愛しない?

看護師というと、献身的、という印象が強く、そのため男性からのイメージはとても良いものです。

ですから、毎日接してきた入院患者が看護師に対して良い印象を持つというのもよくあることです。

患者から好意を示されたり、恋愛関係になりたい、ということを伝えられたりしたとき、すべてを断る人もいれば、恋愛をしたり、場合によっては結婚にまで発展することもあります。

患者という見方がブレるのを避けるためという意見や、男と女なのだから仕方がない、など、いろいろな考え方があります。

しかし、その中でも共通していることはあって、患者の通院中、入院中など、『患者と看護師』という関係性のときには、男女の関係を避けるというのが多数派、ということです。

病院で禁止していることもあります。

患者、特に入院患者の中にはストレスも生まれやすく、恋愛関係を目にしてしまったら、患者の中で自分が良い扱いを受けていないと感じ、良くない状況に発展しやすいということもあるでしょう。

ですから、まずは看護師ということを優先するというわけです。

患者は看護師に色々さらけだしている

看護師と患者の恋愛関係については、看護師側が、患者の個人情報をかなり得ている仕事である、ということも関係しています。

看護師は、患者がどういう仕事をしているのか、どういう生活なのか、これまでどういうことをしてきたのか、住んでいる場所はどのあたりかということはわかってくるものです。

また当然ですが、健康状態についても把握できます。

病気のなりやすさや、病気になったときどのように立ち向かうのかといったこともわかります。

ケガも、どのようなことをしてケガをしたのか、こういった部分からも患者の人間性もわかってくるでしょう。

ですから、打算的な言い方をすれば、この患者が恋愛対象として見るべき価値のある人なのか、判断できる情報が多いのです。

また患者側からしても、自分の個人情報を知られ、かっこ悪いところも弱いところも知られています。

ある意味、恋愛関係よりも深くまで知られてしまっているのです。

こういった部分が、恋愛関係へと発展する素養になっているともいえるでしょう。

連絡先交換してくれる看護師の割合は

実際に看護師が患者と恋愛関係になる場合、まずは連絡先の交換から入ると言われています。

いきなり告白だと、患者に悪くない印象を持っていた場合でもうまくいかないことが多い、というのは看護師と患者以外の場合も動揺でしょう。

では具体的に、看護師が連絡先の交換に応じてくれる割合というのはどれくらいでしょう。

看護師の中でも4割程度は、連絡先の交換を申し込まれたら、相手にもよるけれども、交換してもいい、と考えているというアンケート結果があります。

そして残りの5割以上は断るということで、仕事は仕事、と完全に分けている人が多数派です。

ただ、看護師の中には、気に入った患者に自分から連絡先を教える、という人が、ほんの数パーセントはいると言われています。

もちろん退院間際ですが、仕事上の関係でなくなるのだから問題ないというわけです。

看護師は激務ですし、時間帯も不安定な仕事ですから、出会いは大切にしたいと考えるのでしょう。

看護師のための出会い系アプリ

出会いのハッピーメール
看護師のための出会いアプリ「ハッピーメール」
無料
posted with アプリーチ
レビューはこちら。
彼氏が欲しい!出会いがなかった看護師の私が彼氏を作った方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする